田舎と都会

何でもその環境を、田舎と都会で考えて見よう。

田舎と都会


 野蚕、ヤサンと読みます。これは自然の野山にいる蚕です。我が家の近くの里山にも結構沢山いるもので、早朝散歩のとき2,3個は拾って帰ったりします。緑色のきれいな姿なので、ついポケットに入れ玄関に置いてしばらく眺めるのです。田舎の人はそのヤママユガの幼虫や家に飛んでくる大きな蛾をよく知っています。
 この繊維が普通の家蚕からとれた絹より相当太い訳で、その効果を冷え性の足の温もりで確認しようというものです。如何でしょうか。
 冷え性対策での絹使用は他にもありますが、野蚕の絹使用は恐らくないでしょう、数個は拾えますが中国の広大で寒い満州の蚕だから日本で履くことが出来たのでしょう。いずれにしても貴重品で有難いことです。
 かかとは不要です、とにかく指が大切です、、指だけでもこの蚕で包むとほんのりとした不思議な暖かさがしてくるのは使用して見ればすぐ分かります。知らない都会の人へ、是非一度体験して下さい。

広告を非表示にする